【還暦祝いの品はこちら】

還暦祝いの定番と言えば、「赤いちゃんちゃんこ」ですね。 還暦というのは「暦(こよみ)が還(かえ)る」という意味です。お馴染みの十二支と、現代ではあまり馴染のなくなった十干が組み合わさったものが干支ですが、その干支=暦が一周して元に還るのが六十年なのです。そこで、第二の人生が始まる、として赤ちゃんの産着であったちゃんちゃんこを着る風習になったようです。赤というのは魔除けの色です。 でも、平均寿命が五十歳そこそこであった昔ならばいざ知らず、現代の六十歳はまだまだ若く、現役です。「赤いちゃんちゃんこなんて年寄り扱いされるみたいで嫌!」という方もいらっしゃいますよね。ですので、そんな方にも喜んでいただけるお祝いの品として、「六十」もしくは「赤」にちなんだものをプレゼントされるのはいかがでしょうか。 「六十」にちなんだものとして、六十年もののお酒などがあります。ボトルにメッセージを入れたり、六十年前、還暦を迎える方が生まれた日の新聞などを一緒にプレゼントされれば、お祝いの席での思い出話も盛り上がりますね。 「赤」にちなんだものとして、赤い花で作った花束やルビーなどの宝石のアクセサリーは女性にとても喜ばれるでしょう。花も、プリザーブドフラワーであれば、生花よりも長い時間とっておけますし、手間もかかりません。 どんなものであっても、プレゼントは贈った人、受け取った人それぞれが喜ぶものがいいですね。「おめでとう」「ありがとう」の気持ちを込めたお祝いの品を考えてみてはいかがでしょう。

【来歴】

【来歴】 ブラジル時代[編集] 1976年9月18日(出生登録が遅れ戸籍上は9月22日)、リオデジャネイロ郊外のイタグアイの診療所に生まれた[4]。幼少の頃の憧れの選手はジーコだった。リオのクラブでプレーしていた少年時代、ロナウドの噂を聞いたジャイルジーニョが訪れ試合を観戦していたが、その試合で大活躍したロナウドの利き足が左右どちらなのか最後まで分からなかった。 16歳でミナスジェライス州の強豪クルゼイロECに入団。ブラジル全国選手権で13試合出場12得点を記録した。ミナスジェライス州選手権では、最大のライバルアトレチコ・ミネイロとの一戦ではハットトリックを決め、3-1の勝利と優勝に貢献した。また、チーム初のコパ・ド・ブラジル優勝にも貢献した。1994年クルゼイロECの一員として来日。ジュビロ磐田とのプレシーズンマッチに出場しハットトリックを達成(試合は3対1)。なおこの際の試合会場は東京ドームである。 ヨーロッパでの活躍[編集] 1994年、わずか1年でブラジルを離れ、オランダのPSVアイントホーフェンに60万ドルで移籍。一年目から30得点を挙げる活躍をみせ、在籍3シーズンで公式戦通算57試合出場55得点(うちリーグ戦通算46試合出場42得点)を記録した。1996年にはKNVBカップ優勝に貢献した。 オランダでの活躍が認められ、1996年にスペインのFCバルセロナへ移籍した。移籍金は1700万ドル。バルセロナには1シーズンしか在籍しなかったが、UEFAカップウィナーズカップ、スペイン国王杯の優勝に貢献し、リーグ戦では37試合出場34得点を記録し、リーガ得点王に輝いた[6]。コンポステーラ戦で約60メートルをドリブルで次々とディフェンダーを交わしながら決めたゴールはナイキ社のCMにも使用され、知名度が飛躍的に上がるきっかけとなった。FCバルセロナに所属していた当時、「攻撃の戦術が無い」と批判されたボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウドだ」と言い返したのは有名な逸話である。 翌1997年夏、1900万ポンドという破格の移籍金でイタリアのインテル・ミラノへ移籍。決勝戦でゴールを決め、UEFAカップのタイトルに獲得に貢献した。移籍初年度に25ゴールを挙げ、同リーグにおいて1年目の外国人選手によるものとしての最多ゴール記録を樹立した。この記録は未だに破られていない。二年連続でFIFA最優秀選手賞を受賞し、現地のマスコミによって「イル・フェノーメノ(超常現象)」と渾名されるなど、当時のロナウドは絶頂期にあった。 しかし、1999年11月21日のUSレッチェ戦で右膝靭帯部分断裂の大怪我を負い、手術とリハビリのため長期の欠場を余儀なくされる。翌2000年4月12日のコッパ・イタリア決勝のSSラツィオ戦で復帰するが、再び同じ個所を完全断裂し、僅か7分間でピッチを去った。その後、20ヵ月間に及ぶリハビリの末、2002 FIFAワールドカップを控えた2001-02シーズン終盤のブレシア戦で復帰すると、チームを救う2ゴールをあげる。その後も10試合の出場ながら7ゴールを挙げた。 日韓ワールドカップの活躍で力を取り戻したことを証明したロナウドは、2002-03シーズン開幕前に3900万ドルでスペインのレアル・マドリードに移籍した。デビューは3ヶ月ほど遅れたが、デビュー戦のデポルティーボ・アラベス戦では途中出場して1分もしないうちにボレーシュートを決め、スティーブ・マクマナマンのパスを流し込みいきなり2ゴールをあげている。優勝が掛かった最終節のアスレティック・ビルバオ戦でも2得点の活躍をするなどリーグ戦23得点の活躍でリーグ制覇に貢献した。また、ブラジルの5度目のワールドカップ制覇に貢献したことも評価され、2002年暮に3度目のFIFA最優秀選手賞を受賞している。 移籍初年度は背番号11をつけていたが、2年目以降はフェルナンド・モリエンテスがASモナコへレンタル移籍したことによって空き番となった9番を背負ってプレーした。2003-04シーズン以降、クラブの守備的選手が次々と放出されるが、それでも得点を重ね自身の好成績は保った。しかし、それとは裏腹にクラブは無冠が続き、不安定なチームバランスの中で運動量豊富な選手を横目にほとんど運動量のないロナウドは、得点できない試合では批判が集中することも多くなり、度々メディアからワースト選手候補として取り上げられた。レアル・マドリードでの晩年は、チームメートからも試合中に激怒されたり、試合後に「やる気のない選手は出て行った方がいい。」などとコメントされることもあり、ファンからは「ピッチの上でキノコ狩りでもしているんだろう。」という強烈な皮肉を言われることもあった。 2005年、クラブの外国人枠を空けるためにスペイン国籍を取得。2006年、ファビオ・カペッロがレアル・マドリードの監督に就任すると、年齢や太りすぎによる運動量の低下、ルート・ファン・ニステルローイの加入などから構想から外され出場機会が激減。本人も移籍を希望するようになる。シーズン途中の2007年1月30日、アンドリー・シェフチェンコの放出でストライカーを探していたACミランに、移籍金750万ユーロ、1年半の契約で移籍した[7]。ACミランとの契約に関し、ライバルクラブでありロナウドの古巣であるインテルのマッシモ・モラッティ会長が「不快である」とコメントした。 ロナウドのACミラン移籍時、チームの状態は悪かった。しかし彼の入団後から状況は好転に向かい順位上昇、一時は危ぶまれていたUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得を果たした。既にレアル・マドリードでチャンピオンズリーグに出場していたためミランでのチャンピオンズリーグ出場は出来なかったが、チームのエースであるカカの負担がロナウドの加入により軽減されたこと、ロナウドという存在が、憂慮なく主力メンバーをチャンピオンズリーグに投入出来るチーム状況を作った事などから、間接的にチャンピオンズリーグでの戦いに貢献したと評する声もある。 ブラジル復帰 ブラジル代表としては1994年にレシフェで行われたアルゼンチンとの親善試合において17歳で代表デビューを飾った。同年6月のFIFAワールドカップ・アメリカ大会代表にも選出され、ブラジルは34年ぶりにW杯で優勝したが、チーム最年少のロナウドに出場機会は無かった。 ブラジル五輪代表として1996年のアトランタオリンピック出場した(登録名はロナウジーニョ)。ロナウドを始め、ジーダ、ロベルト・カルロス、リバウドらを擁し、優勝候補の筆頭と目されたが、準決勝で大会を制したナイジェリアに敗れ敗退。当時のロナウドは試合後半に投入されるスーパーサブであり、日本では「マイアミの奇跡」として知られる日本戦でもサヴィオと交代で途中出場している。 1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会にはロマーリオとの新旧2トップ(RoRoコンビ)で出場する予定だったが、ロマーリオの直前リアイタによりエースの責任を背負うことになった。4得点を挙げ決勝進出に導いたが、決勝戦前日に胃痙攣に襲われて病院に担ぎ込まれ、一時は出場が危ぶまれた[2]。試合に出場することはできたが満足なプレーが出来ず、開催国のフランスに0-3で敗れ、優勝を逃す。しかし、同大会を通じての活躍によりMVPに選ばれた。 2002年のFIFAワールドカップ・日韓大会は膝の怪我から復帰直後のためコンディションが不安視された。しかし、大会が開幕するとリバウド、ロナウジーニョと”3R”と呼ばれる攻撃トリオを組み、グループリーグから得点を量産。準々決勝のイングランド戦以外の全試合で得点をあげ、8得点を挙げ得点王に輝くと共に、ブラジルの5度目のワールドカップ制覇に貢献した。準決勝トルコ戦ではフットサル張りのトーキックで決勝点を決め、決勝のドイツ戦では2得点を決める活躍であった。 2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会ではロナウジーニョ、カカ、アドリアーノと共に「カルテット・マジコ(魔法のカルテット)」と呼ばれる。体重の増加や、グループリーグ第1戦、第2戦における低調なパフォーマンスもあって批判されたが、監督のカルロス・アルベルト・パレイラは一貫してロナウドを起用し続けた。グループリーグ第3戦の日本戦で2得点を挙げて批判を沈静化させると、決勝トーナメント1回戦ガーナ戦でW杯通算15得点目となるゴールを挙げ、ゲルト・ミュラー(西ドイツ)が残した14得点の大会得点記録を更新した。しかし、準々決勝のフランス戦では0-1で敗れた。 ドイツW杯後は、ブラジル代表の元主将のドゥンガが代表監督に就任したが、同監督の構想から外れ、以後は代表に招集されなかった。一時は2010 FIFAワールドカップでの現役引退を希望していたが叶わなかった。

【ロナウド】

【ロナウド】 ロナウド・ルイス・ナザリオ・ジ・リマ(Ronaldo Luís Nazário de Lima, 1976年9月22日 – )は、ブラジル連邦共和国リオデジャネイロ市出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。90年代から2000年代を代表するストライカーの1人。 ブラジル代表の一員として4度のFIFAワールドカップ(1994年アメリカ大会(出場機会なし)、1998年フランス大会、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会)に出場。MVPに選ばれたフランス大会では準優勝、得点王になった日韓大会では優勝に大きく貢献した。W杯通算15得点は史上最多記録であり、ブラジル代表通算62得点は77得点のペレに次ぐ第2位。怪我以降トップコンディションに戻ることはなかったが、それでも高いゴールへの嗅覚を発揮し多くの得点を挙げた[2]。 また、若くしてヨーロッパに渡り、FCバルセロナ、インテル・ミラノ、レアル・マドリード、ACミランといったビッグクラブでプレー。それぞれのクラブでタイトルを獲得したほか、個人としてもFIFA最優秀選手賞を3度、バロンドールを2度受賞するなど、大きな成功を収めた。

贈り物、記念のプレゼント
60歳の還暦祝い88歳の米寿祝い退職祝いのプレゼント